HOME>特集>諦める前に高度な医療機関に相談してみること

必要なケース

女性と歯科衛生士

インプラントは歯を失った際に、噛み合わせを維持するために行う治療方法です。人工の歯根を顎の骨に埋め込むことで安定感を高めます。そのため顎の骨が治療におけるポイントとなります。人工の歯根を埋め込むために十分な量の顎の骨がなければ、骨移植の治療を同時に行うことがあります。

審美性も良い

インプラント治療における骨移植は、十分な顎の骨の量を確保するために行い、その方法はさまざまなものがあります。代表的なものとしては、骨再生誘導法があります。これは骨移植が必要な部位に人工の骨、あるいは患者自身の骨を移植して再生させるものです。十分な骨が再生できれば、治療の選択肢が広がるだけでなく、審美性が良くなります。また、治療を終えてからの定期的なメンテナンスにおいてもトラブルが発生するリスクを下げることができます。

安全性も高い

インプラント治療における骨移植では、患者自身の骨を使用することもあります。利用される骨として、腸骨が挙げられます。採取する際には全身麻酔を使用するので安心できますし、採取する際には口腔内へのインプラント埋込も同時に行われます。他にも膝蓋骨が使用されることもあります。患者自身の骨を利用することから拒否反応などのリスクが低いことがメリットであると言えます。

広告募集中