HOME>イチオシ情報>骨が薄い場合も適切な処置を施すことで埋め込みが可能になる

多くの方が支払える金額

歯科治療

インプラントは歯を失ってしまった方にとって大変有効な治療ですが、土台を埋めるあごの骨が薄くなってしまっていると治療が難しくなります。しかし、だからといってインプラントの道が閉ざされてしまうわけではありません。骨が薄くなってしまった場合も、骨移植を施すことにより治療が可能となります。骨移植は患者さんの状況によって採用される術式が違ってくるため、かかる費用もそれぞれです。インプラントの埋め込み場所1カ所ずつに骨移植を施す際は、1カ所につき3万円から10万円程となります。奥歯のあご広範囲に片側ずつ移植を施す場合は、片側につき30万円から35万円程が必要です。状況にもよりますが、基本的に手術自体に支払いが困難となるような大きな金額がかかることはありません。インプラントを専門に展開している歯科であれば、骨移植においても多くの実績を積んでいるので安心して相談できます。

一人ひとりの状況に合った手法がある

治療器具

インプラントを施すための骨移植の手法は複数存在しており、様々な方の状況に対応できるようになっています。奥歯のあごの骨移植では、サイナスリフトと呼ばれる手法を用いることが多いです。これは前述した奥歯のあご広範囲の骨移植で用いる手法で、移植部分にスペースを作り移植する骨を入れていきます。インプラントを埋め込む部分1カ所ずつに骨移植を施す場合は、いくつかの手法に分かれます。インプラントを埋め込む穴に骨を入れるソケットリフト、インプラントを埋め込んでから必要な部位に骨を入れていくスプリットクレストなどがあります。また、骨が必要な個所に適宜造成を行うGBRと呼ばれる手法も存在しています。1カ所ずつに施す場合は、インプラントの埋め込みを並行して行うことも可能です。

広告募集中